WIN&WINセミナーの進路指導は、学力面からだけではなく、本当にそれぞれの生徒の適性にあった、また3年間充実した高校生活を送ることができるかを第一優先に考えております。ですので、自塾の実績のみに固執した本人の気持ちを無視するような進学指導は致しておりません。 それぞれの生徒にとって最適の学校選びをご提案するために、私どもは日々情報収集に努めています。

WIN&WINセミナーの進路指導
中学部本科一般クラス
中学部特進クラス

個別指導クラス
WIN&WINのハイブリッド制とは
WIN&WIN中学部のトップへ  


WIN&WINセミナーの進路指導

7月 高校入試説明会
7月 中3生保護者対象個別面談
10月 中3生3者面談

その他、随時面談は受け付けております。納得のいく受験ができるように、年間を通してサポートしております。


中学部各クラスのご案内



WIN&WINセミナー本科一般クラス


1.クラスになってはいるが、実は個別指導

WIN&WINの本科一般クラスは、「あの子には負けたくない」「周りも頑張っているから」といった適度な競争心が得られる集合授業の長所と「個々に必要な学習方法がとれる」「学校ごとのテスト対策がとりやすい」という個別授業の長所の両方とも得られる授業形態です。

 

 

そのため、あるときは移動式のホワイトボードが登場し、数人一緒に板書授業でわかりやすい解説が受けられたり、またあるときは、講師からすぐ近くで丁寧な指導を受けられたりして、ひじょうに質の高い授業を受けられます。 クラス内での個別指導なので、生徒一人ひとりにあった学習レベルの授業が受けられます。
極端に苦手な部分がある生徒や復習範囲の勉強し直しが必要な生徒に対しては個々に授業の進め方や教材を調整しています。


2.講師との距離が近いので、質問しやすい

WIN&WIN本科一般クラスの授業は講師1名に生徒が6名までの少人数制クラスです。講師との距離がとても近いので、生徒は質問しやすく、また講師から生徒のことがよく見えるので、なかなか質問ができない生徒でも、安心して授業を受けることができます。
  

3.教科書準拠で、学校のテストに合っている WIN&WIN本科一般クラスでは、周辺中学校の進度に合わせて、日々定期テストに対応した授業をすすめています。普段から学校の授業をいかに大切に受けるかを説き、テストが近くなって学校から配布された副教材やプリントなどの学習法などもアドバイスしています。

4.クラスは、生徒の個性に合わせて決定

WIN&WIN本科一般クラスでは、入塾相談を受けたときはもちろん、塾生が科目を追加したいときでも、必ず2週間の授業体験をしてもらっています。少人数クラスですので、生徒間の人間関係やクラスのムードはとても大事です。
新規入塾の際は、保護者の皆様からうかがった内容や、実際にご本人と面談をして、その生徒の個性に合ったクラスにご案内しています。万一イメージにあわなかった場合は、クラスを変えて再び体験できます。
  

 

5.講師はクラス担任。成績に責任をもって指導します

  


WIN&WIN本科一般クラスは、どのクラスもクラス担任制度をとっています。新年度に担当クラスが決まったら、特別な事情が発生しない限り、講師が変わりません。毎回同じ講師の授業を受けることが出来ます。
これは集合授業では普通にあることですので、おやっと思われるかもしれません。しかし、巷間の個別指導塾では、毎回の担当講師がコロコロ変わる方が普通のことなのです。それでは、成績に対する責任はおろか毎回の授業の確認や引継ぎも行なわれているとはいえません。
WIN&WINは少人数クラスで、例えば1年生で担当した講師がそのまま卒業まで継続して担当することを目標としています。ですからWIN&WINの講師は一度担当したら、自分の生徒の成績向上に大きな責任をもって取り組んでいるのです。ですから情熱が違うのです。




WIN&WINセミナー特進クラス(中3生対象)



1.ハイレベルな授業 WIN&WINセミナーの特進クラスは、浦和高校、浦和第一女子高校その他上位高校合格を目標とする生徒のクラスです。これらの高校に合格するためには、基礎基本の定着はもちろんのこと、高度な応用問題や時には中学学習範囲を超えた発展的な内容まで学習する必要があります。
そのため、特進クラスでは、早いうちに3年間の学習内容を終了させ、入試演習に特化した授業を行っていきます。

2.自分の目標を具体的な「かたち」にすることから ハイレベルな授業を受けようとするからには、自分の志も能力も一定のレベルに到達していなくてはなりません。自分の目標が具体的なかたちに思い描けることを第一に教え、明確な意思を持って臨んでもらっています。

3.入室条件は「やる気」の高さ

WIN&WINセミナー特進クラスへの入室条件は、「やる気」です。スタート時の成績下限は設けていません。志望校合格に向けて、
○1年間頑張ること
○休まず塾に通うこと
○宿題をしっかりやること
○上位校に進学したいという明確な希望があること
○夏期講習、冬期講習および特別演習、正月特訓などの特別講座を必ず受講すること
このようなことを約束できることが条件です。
 
 

4.個別ミックス型集合授業 WIN&WINセミナー特進クラスは、原則として1対6以上の集合授業の形をとります。集合授業の形をとってみんなで考える授業展開と、個々の生徒の志望校や弱点に合わせたパーソナライズを若干織り交ぜながら進めるWIN&WINならではの授業です。

5.経験豊富な専任講師が担当 授業を受け持つのは、経験豊富な専任講師です。入試問題特有の質問や、高度な内容を教えるだけにとどまらず、入試の仕組み、大学入試、就職など人生設計に関する話なども授業に盛り込まれます。

6.授業時間は常に130分。徹底的に取り組む 本科クラスの授業は19時20分から、通常50分×2コマの100分授業で、定期テスト前に30分の延長授業を行なっていますが、特進クラスは年間を通じて130分授業を基本にしています。本科クラスから教室も隔離していますので、休み時間によって授業が分断されることなく、徹底的に取り組ませることができるのです。




WIN&WINセミナー個別指導クラス


1.本科クラスの講師が担当
WIN&WINセミナーの個別クラスは、本科クラスも持っている講師が担当します。6人を相手に授業を展開できる講師が、その力量を1人の生徒に注ぎ込みます。その分、授業がうまいので生徒の理解度もあがります。

2.柔軟な時間設定が可能

個別クラスの基本は80分授業ですが、本科クラスと同じ100分授業の個別も用意しています。個別クラスの限界は、時間が限られていることです。講師や生徒が、もう少しやりたいと思っても、次の授業に移動しなくてはならなかったり、追加の授業をとらなくてはならなかったりで、なかなか延長授業ができないのですが、100分授業の個別クラスは、本科クラスと同じ時間帯で進行するので、30分間の延長が可能になっています。
つまり100分の費用で、1.3倍の授業を受けることができるのです。
このスタイルですと、1ヶ月に2時間の延長を受けることになるので、まるまる1回分余分に授業を受けているのと同じになるのです。
もちろん費用は80分に比べて高額になりますが、コスパを考慮して100分個別を選択する方も少なくありません。


3.授業日程の調整が楽

学校行事や体調不良などで、個別授業を欠席せざるをえないときは、時間や日程の調整ができます。
        
※個別授業費用(税込)






WIN&WINのハイブリッド制


〈このページのトップへ〉