受講希望単元リスト
理 科
中1生物 観察器具の使い方
ルーペの使い方・微生物
植物の花のつくり
葉のつくりとはたらき
光合成と呼吸
根・茎のつくり
植物の分類
中1化学 実験器具の使い方
身のまわりの物質
空気に含まれる気体の性質
いろいろな気体の性質
水溶液の性質
物質の状態変化
中1物理 物体の見え方・光の反射
光の屈折
凸レンズを通る光
凸レンズによる像の作図
音の性質
力のはたらき
力の表し方
圧力
水圧・大気圧
中1地学
マグマと火山
火山と火成岩
地震
地震が起こるしくみ
地層
堆積岩
中2化学 物質の分解(1) 熱分解
物質の分解(2) 電気分解
原子・分子と化学式
化合と化学反応式
酸化と還元
化学変化と熱
化学変化と質量の変化
化学変化と質量の割合
中2生物 生物と細胞
食物の消化と吸収
呼吸のはたらきと血液の循環
排出のしくみ
刺激と反応
動物の分類
生物の進化
中2物理 回路の電流・電圧
電流・電圧と抵抗
強化学習 オームの法則
電気のエネルギー
静電気と放電
電流と磁界
電流が磁界から受ける力
中2地学 気象観測
飽和水蒸気量と露点
雲のできかた
気圧と風
気団と前線
日本の気象

■講座のお申し込みはこちらからどうぞ

お子様のお名前   
  ※必須入力とさせていただきます。
Mail   
  ※必須入力とさせていただきます。
ご住所   
電話番号   
  
学 年    中1  中2  中3  その他 
  ※必須入力とさせていただきます。
学校名   
受講希望の講座   夏期理社強化演習受講を申し込みます。
  質問があります 
  ※必須入力とさせていただきます。
ご質問・ご希望があれば
ご記入ください。
 


 

 

夏期講習でも中1・2の内容を幅広く復習しますが、1つの単元を細かく深く学ぶ余裕はありません。もし「全く分かっていないところ」があるとしたら自分で勉強し直す時間を作る必要があります。しかし、理科のあの単元が苦手、社会のあの時代が苦手と分かっていても、なかなか自分で勉強する気になれなかったり、ワークをやってみても全然分からなかったり、上手く復習が出来ないことが多いでしょう。
そこでこの夏は、BUILDERSでも使っている映像教材を利用して、単元毎に復習できる機会を作りました。朝演習の時間に限りますが、映像授業と対応のプリントを自由に使って復習することができます。朝演習の費用プラス1,000円(プリント代)で受講ができますので、是非活用してください!
※中1・2生で朝演習に参加する場合も予習復習に利用できます。
このページにあるフォームでお申込みください。お申込み後に「受講希望単元チェックリスト」をお渡しします。


          
WIN&WINセミナー

普通の進学塾とは一線を画すところがあります。

心を育てる


  成績面だけではなく、生徒一人ひとりの心の内面までを考え、 励まし、勇気付ける、その結果成績も伸びる。
講師も暖かい人間ばかりです。
進学指導も、実績重視の進路指導ではなく、
それぞれの生徒が本当に行きたい学校、
適性にあった学校に向けた指導を行っています。
また、生徒の真の「生きる力」を身につけるための、
授業外のイベントも多くあります。
心を育てる=能力の開花
という真の学習スタイルで勉強してみませんか?


心を育てる学習塾WIN&WIN セミナー 塾長 古田修一

消しゴム
 winwin@winwin-s.com
TEL048-833-8637 FAX048-833-8724
〒330-0074さいたま市浦和区北浦和1-2-18 本多ビル3階

        

 

社 会
地理








世界のすがた
さまざまな地域と国々
世界の地形と気候
世界の人々と暮らし
アジア
中華人民共和国
ヨーロッパ・ロシア連邦
EU
アフリカ
南北アメリカ
アメリカ合衆国
オセアニア
日本のすがた
日本の地域区分と都道府県
日本の地形と気候
日本の人口・資源・産業
地域間の結びつきと日本
九州地方
中国・四国地方
近畿地方
中部地方
関東地方
東北・北海道地方
地形図

 

歴史 人類の出現と文明
日本のあけぼの
古代国家の形成
飛鳥時代
奈良時代と文化
平安時代と国風文化
武士の登場と鎌倉幕府の成立
元寇と鎌倉時代の文化
室町幕府の成立と産業の発達
室町時代と文化
世界の動き
全国統一
江戸幕府の成立と鎖国
産業の発達と元禄文化
幕政の改革
化政文化と幕府の衰え
近代市民革命
産業革命と欧米の進出
開国と江戸幕府の滅亡
明治維新
富国強兵と文明開化
自由民権運動
大日本帝国憲法
日清・日露戦争と近代化
第一次世界大戦
大正デモクラシーと大衆文化
世界恐慌と日本のアジア侵略
第二次世界大戦
日本の民主化
冷戦と日本の国際社会への復帰
戦後の日本
国際社会と現代の日本