WIN&WINセミナーの夏は熱い。夏期講習や自然塾など、知・徳・体の全てを磨くことができます。「知」の部分では、夏期講習。中学生に対しては、高校入試を意識して長時間学習することができる環境を用意しています。この夏WIN&WINセミナーで人間的にも成長させてみませんか。
科目の詳細と内容

国語
【全学年共通】     
全学年に共通して、「文法」「読解」「漢字」の3つの柱で演習を行います。「文法」と「読解」については、各学年及び生徒個々の能力レベルに合わせたものにします。また、漢字は夏期講習後半に漢字検定を受検できるようにして、検定取得を目標にした練習を進めていきます。検定を受検しない場合でも、個々に必要なレベルの練習をしてもらう予定です。  
漢字検定については、特に中3においては、調査書に記載してもらえる検定資格として狙える、ほぼ最後の機会でもあります。(11月に検定を実施しますが、公式な結果発表が中学校での調査書作成までに間に合わない恐れがありますので、8月の検定に全力を注いでもらいたいと考えています。)
もちろん調査書には間に合わなくとも、3級以上の漢字検定レベルの実力があると、入試には非常に有利になりますので、まとまって練習できるこの機会にとことん練習して実力アップを図って欲しいと思います
【中1、中2及び中3一般クラス】
 「読解」については、基本的に教科書で2学期以降に習う単元の内容理解と、基本的な問題練習を中心に進めます。「文法」については、原則として、1学期以前の復習を中心にすえて、余裕のある生徒については、2学期以降に習う単元の予習を行っていきます。

【中3特進クラス】
原則として入試問題級の総合問題を用意し、より高度な問題にも対応できる実力を養成していきます。

数学
【中1】
 2学期で中心になる一番大きな単元に、中学数学の全てはここができるかどうかで決まるといっても過言ではない「方程式」があります。計算はもちろんのこと、特に文章題を苦手にする生徒が毎年多くいます。夏期講習では、一番のポイントである方程式の計算、文章題を固め、できた生徒から順次「比例、反比例」「平面図形」「空間図形」と1年の範囲の先取り学習を進めていきます。  
定期テスト前にはその復習をして、十分対策を練るという体制を整えたいと思います。

【中2】
公立高校入試にもっとも多い頻度で出題されるのが、2、3年生で扱う「関数」の問題です。2年生では、「1次関数」が授業で扱われます。ほかにも「図形の性質、証明」「確立」など、入試に直接関係する重要単元が2年生では多く扱われています。  
2年生で習う単元の基礎部分が理解できていないと、受験間近に非常に多くの時間を基礎からの復習に費やさなくてはなりません。そういった意味でも、この夏期講習では2学期、3学期に習う範囲の予習、理解を深めるよう先取り学習を進めていきます。  
2学期以降の定期テストだけではなく、来年に迫った受験対策としても役立ててください。
【中3】
3年生の後半には「2次関数」「相似な図形」「三平方の定理」と理解するのが難しい単元が多くあり、1,2年次で学ぶ単元の理解がきちんとできていないと取り組むことがかなり困難になります。  
ですから、定期テストに終われない夏休みのうちに徹底して1,2年次の復習を行っていきます。そうすることで、それが直接受験勉強になりますし、同時に新しく学ぶところの下準備になると考えています。  
埼玉県公立高校入試の数学は基礎的な計算から、学校の授業では扱わないような難しい内容の応用問題まで様々なものが出題されています。その難しい入試問題を乗り切るためにも、今のうちに基礎を固めなおし、本格的に受験対策のできる体制を整えます。

     

英語
【中1】
 英語が苦手な生徒の共通点に、「単語が書けない」という特徴があります。
文法を理解しておかなければならないのはもちろんですが、その文法事項に当てはめる単語の数の少なさが定期テストの得点力不足を招いていることが多くあります。
今回の夏期講習では、「単語力」「文法力」の両面を伸ばしていくことを目的に進めます。具体的な目標は、1年生で出てくる単語、文法を全て学習、定期テスト前にもう一度復習して、確実に得点を伸ばせるようにすることです。

【中2】
2年生になり、英語がだんだん難しく感じられるようになっています。1年生の時に比べ新出単語が格段に増えましたし、現在・過去・未来などの時制も増えたことで、整理がつかなくなっている生徒も多くいることでしょう。
ものを覚えるには反復練習をすることが一番の方法です。そのため、今回の夏期講習では、2学期以降に出てくる新出単語、文法を一足先に学習し、2学期以降の授業ではもう一度復習、定期テスト前にはしっかりと覚えておけるように進めたいと思います。
【中3】
今回の夏期講習では、9月以降の北辰テストや学校の定期テストなどで力が発揮できるよう、2系統に分けて実施します。まずは、1・2年次の文法面の復習です。英語の試験では、総合的な英語力がないと得点につなげることができませんので、1・2年範囲の復習は必要不可欠になります。そこで、夏期中の課題として、1・2年の復習教材を出しますので、夏休み中に少なくとも2回は繰り返すことを目標にします。(繰り返せば繰り返すほど、力は定着します。) また、早いうちに受験体制を整えるために、3年生の範囲も同時に先取りして学習します。夏休み中に確かな文法力を身につけ、読解問題を解くうえでの地盤を作っていきます。

理科
【中3対象】
 夏期講習中は、普段勉強する時間がとりにくい1・2年生の復習を中心に進めます。特に自分の力だけで復習することが難しい物理・化学の単元は、公式や解き方の確認、問題演習までしっかり復習して、北辰テストなどで点を取るための準備をします。この時期に頑張っておかないと、二学期以降は思っているより時間がありません。 課題も多く大変かと思いますが、頑張ってついてきて欲しいと思います。  
また、単元を問わず一問一答のテスト(追試あり)は毎回行います。最低限必要な用語の知識は、夏の間につめてしまって、それ以降の受験勉強に取り組む基礎を作ります。

社会
【中3対象】
 今年度の社会は、歴史・地理・公民分野(政治)の総復習を行います。社会科は定着させなければいけない知識が多い教科のため、夏期講習での学習が秋以降の実力につながっていきます。  授業の最初に歴史分野では、年表と時代区分、地理分野では都道府県名・県庁所在地名と地図記号など基本的な事項の確認を行い、確実な定着を目指します。 埼玉県の公立高校の入試問題では、グラフの読み取りなど、知識を必要としない問題が、例年出題されます。力がついてきた生徒については、考察問題などにも取り組みます。
この夏は弱点を克服し、秋以降の実戦力の基礎を身につけるようにしましょう 。


                                     ※23日は漢字検定のため休講



■期 間 /
中1・中2:
8月1日(月)~8月27日(土)

※お休み:
8月7日・12日~17日・21日・23日  
7月29日(水)~8月2日(日)自然塾開催のため


中3:
7月21日(木)~8月27日(土)

※お休み:
7月23日・7月28日~31日・8月7日・12日~17日・21日
■時 間 /
中1・2:
国・数・英  19:10~22:00

中3:
国・数・英 12:30~15:20 
社・理 15:40~17:30


その他の中学部講座

◆夏期朝演習
(中1・2対象)
特別演習は、難問奇問をさせるところではなく、各科目の基礎基本問題を繰り返し、基礎力をつけ、問題を正確に解けるようにし、解答スピードを上げるところがポイントです。中学3年生を対象に特別演習を実施して、非常に効果が見えております。
この同じ徹底反復練習の時間は、中学1、2年生にも絶対必要ですので、中学1、2年生にも午前中の特別演習の時間を設けております。部活動もあるので、まずは夜の夏期講習会でしっかり学習することが基本目標ですが、夏期講習を「学び」の時間とすれば、朝演習は「量をこなし、体得する」時間と位置づけて、監督講師の指導のもとに、徹底した反復学習をして「わかる」を「できる」に。「できる」を「はやくできる」に転換していただきたいと思います。また、理社を単元別に復習できる「理社特訓」もあります。詳細は「夏期理社強化演習」ご案内をご覧ください。

■日 程          
第Ⅰ期  
平成28年07月21日(木)~07月27日(水)  
9:00~10:50 (2h)

第Ⅱ期  
平成28年08月01日(月)~08月11日(木)  
9:00~11:50 (3h)

第Ⅲ期  
平成28年08月18日(木)~08月27日(土)  
9:00~11:50 (3h)

■場 所 n別館教室(シンセリティハイツ1F)

■費 用          
第Ⅰ期 5日間を一括で申し込む場合の料金
4,000円

1日ずつ申し込む場合の料金    
1日あたり 1,000円

第Ⅱ期および第Ⅲ期を一括で申し込む場合の料金
20,000円

1日ずつ申し込む場合       
1日あたり 1,500円

理社特訓を受講する方は、上記費用に 追加1,000円となります。

■申込期限       
第Ⅰ期       7月20日(水)まで
第Ⅱ期~第Ⅲ期 7月27日(水)まで


◆夏期特別演習
朝演習
(中1~中3対象)
夜演習
(中3対象)
中学部の夏休みは、夏期講習だけではなく、長時間学習する時間を設けております。その一つが特別演習です。  夏期講習の授業時間は、主要5教科について、お昼の5時間だけです。当塾の夏期講習は、講義の時間よりも演習時間の方が長いので、普通に5時間の講義を聞くよりも、たくさんの量をこなす勉強ができます。
だからといって講習の時間を長くするとその分授業料が高くなり、経済的に豊かな家庭しか参加できなくなります。「それなら自習できるようにしたらいいじゃないか」という声もあります。自習、大いに結構です。けれども、「無料の自習」には「甘え」が必ず付いてきます。受験生の夏休みに「甘え」は排除しなければなりません。監督講師が始終見守り、甘えを許されず、参加したらしっかり自分の計画で本当に自分に必要なことに取り組む、そんな時間が必要なのです。
【特徴】
 特別演習は、授業をする時間ではなく、各科目の基礎基本問題を繰り返し、基礎力をつけ、問題をより速く、正確に解けるようにし、解答スピードを上げるところにポイントをおいた演習時間です。
 朝・夜の演習では毎日、計画と反省を書いてもらいますが、自分で計画して行う勉強以外に、朝演習では、演習の最後に「公立入試対応課題作文」を書く時間を設け、添削して返却します。  夜演習では、当塾塾長が直接監督指導にあたり、受験生としての精神面、人生の設計など、将来を考える上でも大きな礎になるいろいろな話をしています。

■日程
【朝演習 中1~中3 夜演習 中3】
7月21日(木)~8月27日(土) 
※休み:7月23日・28日~31日・8月7日・12日~17日・21日  
※7月中の夜演習はございません。

■時間
【朝演習】9:00~11:50
【夜演習】19:10~22:00
※7月中は、朝演習9:00~10:50です。夜演習はございません。

夏期個別講習
(小・中全学年対象)
個別講習では、「集合の夏期講習と併用して、弱点克服だけに個別講習を使う」という組み合わせができます。必要なところのみをピンポイントで学習でき、費用を抑えた形で受講することができます。

【こんな人におすすめ!】
・この機会に弱点分野、苦手分野を克服しておきたい!
・学校の定期テストの何回か分をまとめて復習させたい!
・遅れを取り戻したい(先行しておきたい)!
・自信をつけさせるために、得意分野をもっと伸ばしたい!
・ふだん受講していない科目をやって欲しい!

【指導形式】
講師1名に対して生徒2名までの「個別講習」


■日 程

■時 間





■費 用
7月21日(木)~8月25日(木)
までの夏期講習実施期間中

7月中 ①9:00~10:20 ②10:30~11:50 
③15:10~16:30 ④16:40~18:00
8月中 ①9:00~10:20 ②10:30~11:50 
③14:00~15:20 ⑤15:40~17:00
④17:10~18:30 ⑥19:10~20:30 ⑦20:40~22:00

1回80分 個別授業
(講師1名に対し生徒2名まで)
1コマ80分 3,500円/80分
(塾生 3,000円/80分)

      ■講座のお申し込みはこちらからどうぞ
お子様のお名前   
  ※必須入力とさせていただきます。
Mail   
  ※必須入力とさせていただきます。
ご住所   
電話番号   
  ※必須入力とさせていただきます。
学 年    中1  中2  中3 
  ※必須入力とさせていただきます。
学校名   
  ※必須入力とさせていただきます。
受講希望の講座    中1~中2夏期講習(3科)  中3夏期講習(3科) 
   中3夏期講習(3科)   
   朝演習(中1~中3)  夜演習(中3) 
  ※必須入力とさせていただきます。
ご質問・ご希望があれば
ご記入ください。
 
  


          
WIN&WINセミナー

普通の進学塾とは一線を画すところがあります。

心を育てる


  成績面だけではなく、生徒一人ひとりの心の内面までを考え、 励まし、勇気付ける、その結果成績も伸びる。
講師も暖かい人間ばかりです。
進学指導も、実績重視の進路指導ではなく、
それぞれの生徒が本当に行きたい学校、
適性にあった学校に向けた指導を行っています。
また、生徒の真の「生きる力」を身につけるための、
授業外のイベントも多くあります。
心を育てる=能力の開花
という真の学習スタイルで勉強してみませんか?


心を育てる学習塾WIN&WIN セミナー 塾長 古田修一

消しゴム
 winwin@winwin-s.com
TEL048-833-8637 FAX048-833-8724
〒330-0074さいたま市浦和区北浦和1-2-18 本多ビル3階

WIN&WINセミナーの夏 夏期講習生徒受付中 中学部